WiMAXがこの先生きのこるには


スマホでいうところのLTE回線と機能的に違うという部分は、スマホは本体が直接的に電波を受信するというのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターを使って電波を受信するというところになるでしょう。
モバイルWiFiルーターにつきましては、契約年数と一ヶ月の料金、加えて速度を比較して決定するのが求められます。その他には利用することになるシーンを考慮して、通信サービスが可能なエリアをチェックしておくことも必要だと考えます。
プロバイダーの1つ「GMOとくとくBB」は、心がそそられるキャッシュバックキャンペーンを敢行していますが、キャッシュバックされるお金をちゃんともらうためにも、「キャッシュバックアナウンスメール」が受信できるように設定しておくことが不可欠です。
「ネット使い放題プラン」で注目を集めるWiMAX。高速モバイル通信量の上限規定が設定されていないモバイルWiFiルーターとして販売数もうなぎ登りであり、導入も手間暇かけずに行えますし、プラン内容を思えば月額料金も安い方です。
WiMAXが利用できるのかできないのかは、UQコミュニケーションズが一般人向けに掲載している「サービスエリアマップ」を利用したら判定可能です。ギリギリでどっちか分からないという場合につきましては、「ピンポイントエリア判定」を行なってみれば判定できると思われます。

速度制限を定めていないのはWiMAXのみという印象をお持ちかもしれないですが、ワイモバイルにも通信方式を選択することで、速度制限に見舞われることなく使い続けることができる「アドバンスモード」という名称のプランがあります。
WiMAXモバイルルーターに関しましては、様々な種類がありますが、各々搭載されている機能に開きがあります。このホームページでは、ルーターひとつひとつの機能であったり規格を比較しておりますので、ご参照ください。
モバイルWiFiルーターを1つに絞るという際に、特に焦らずに比較しなければいけないのがプロバイダーなのです。プロバイダー一つで、使用できるルーターや料金がまったく違ってくるからなのです。
ワイモバイルもその通信サービスエリアは拡大の一途を辿っており、山あいだったり離島以外であるなら100%に近い確率で使用できると思われます。インターネットに4G回線を利用して接続することが困難な時は、3G回線経由で接続することが可能ですからご安心ください。
WiMAXは実際に料金が割安なのか?所有のメリットや注意点を把握し、若者に人気の格安SIM等とも比較した上で、「実際的に買った方が良いのか?」についてお伝えしたいと思います。

WiMAX2+のギガ放題プランをチョイスすれば、月間7GBというデータ使用量の制限はありませんが、3日間で3GBを超過するようなことがあると、速度制限を受けてしまうことがあるのでご注意ください。
LTEと言いますのは、携帯電話だったりスマホなどに導入されているこれまでにはなかった高速モバイル通信技術になります。3G通信回線と4G通信回線の間に位置する規格ということもあるので、WiMAXと同等の3.9Gにカテゴリー化されています。
ドコモとかYモバイルにて取り決められている速度制限が掛かってしまいますと、下り速度が128kbpsにまで引き下げられますが、この速度だと、ヤフージャパンのTOPページを開くというだけで、25秒前後は取られるでしょう。
「ワイモバイル」「格安sim」「WiMAX」の3つをターゲットに、それらの利点・欠点を意識しながら、利用状況を勘案したモバイルルーターをランキング一覧の形でご紹介します。
月間の料金だけじゃなく、回線の速度であるとかキャッシュバックキャンペーンなども確認することが必須です。それらを意識しつつ、昨今注目を集めているモバイルルーターをランキングにてご提示いたします。

WiMAX初心者はこれだけは読んどけ!


プロバイダーの規定によりキャッシュバックされる時期は違うのが通例です。本当に入金される日は何ヶ月か後という決まりですから、そのようなところも意識した上で、どのプロバイダーで契約するのかを決めるべきです。
LTEと言いますのは、今の3Gを「長期的に進化させたもの」という意味合いがあり、このあと登場してくることになる4Gへの変更を円滑に推し進める為のものです。そういう理由で、「3.9G」として分類されています。
現時点ではWiMAX2+の通信サービスエリアになっていないといった方も、現時点で販売展開されているWiFiルーターなら、今までのWiMAXにも繋ぐことが可能になっていますし、嬉しいことにオプション料金を払うことにより、「au 4G LTE」にも繋ぐことが可能になります。
WiMAXはウソ偽りなく料金が割安なのだろうか?利用のメリットや意識すべきポイントを知覚し、流行りの格安SIM等とも比較した上で、「間違いなく安いと言えるのか?」についてご説明したいと思います。
ワイモバイルのポケットWiFiを知人より一押しされて、初めて使用してみたけれど、これまで所有していたほとんど同じサービスを展開している同業他社のものと比べましても、通信クオリティーなどはほとんど変わらないと感じました。

WiMAXモバイルルーターについては、色んな種類がありますが、一つ一つ実装されている機能が異なっているわけです。ご覧のサイトでは、個々のルーターの機能とか仕様を比較しております。
WiMAXは全コストを合計しても、他のルーターと比べて割安な費用でモバイル通信が可能となっています。電波が利用できるエリア内だとすれば、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台のWiFi通信機器をネット接続できます。
WiMAXモバイルルーターと言われているものは、申込段階で機種をセレクトすることができ、大体無料でもらうことができるはずです。けれども選択の仕方を間違えると、「使用する予定のエリアがサービス除外地域だった」ということがあるのです。
WiMAXにおいては、名の通ったプロバイダーがやっているキャッシュバックキャンペーンが人気を博していますが、当ページでは、WiMAXはホントに通信量が無制限で、リーズナブルに使えるのかについて掲載させていただいております。
モバイルWiFiを手に入れようと考えているなら、1か月間の料金やキャッシュバックキャンペーンについても、きちんと把握した状態でセレクトしないと、遠くない将来にきっと後悔することになるでしょう。

動画を見て楽しむなど、容量のデカいコンテンツばかりを利用するという人は、WiMAX2+の方を選んだ方が賢明です。いろいろプランがあるので、特にお得だと言えるものを比較しならご説明します。
ポケットWiFiというのは、毎月使用が認められる通信量や電波の種類が違いますので、どういった使い方をするのかによって各人に合うモバイルWiFiルーターも異なってきます。
旧タイプの規格と比べると、今の時代のLTEには、接続だったり伝送を円滑化するための素晴らしい技術が様々に盛り込まれています。
目下WiMAXを取り扱うプロバイダーは20社ほど存在し、プロバイダーによりキャンペーンの特典内容だったり料金が違っているのです。こちらでは、お得なプロバイダーを8社ご案内いたしますので、比較してみるといいでしょう。
WiMAXの通信サービスエリアは、それなりの時間を掛けて拡大されてきたわけです。そのお陰で、現在では街中は当たり前として、地下鉄駅などでも接続不能ということがないレベルにまで到達したのです。

file00011


評判のWiMAXを購入したいという人は多いと思われますが、「WiMAXとWiMAX2+では何が違うのかが把握できていない」という人のお役に立てるように、その相違点を比較一覧にしました。
従前の通信規格と比べてみても、格段に通信速度がUPしており、それなりの量のデータをあっという間に送受信できるというのがLTEのウリです。現代社会のニーズを満たす通信規格だと考えられます。
「GMOとくとくBB」というプロバイダーは、お得なキャッシュバックキャンペーンを継続していますが、キャッシュバックされるお金を確実に受け取るためにも、「振込告知メール」が届くようにメール設定しておかなければなりません。
ポケットWiFiというのは、携帯みたく1つ1つの端末が基地局と無線にて接続されますので、手間暇の掛かる配線などを行なうことは全く不要ですし、ADSLであったりフレッツ光を申し込んだときと同じようなインターネット開通工事もする必要がないのです。
モバイルルーターにも色々な機種がラインナップされていますが、そういう状況の中支持率ランキングで、常に上位に来るのがWiMAXになります。他のルーターと比較しても回線速度が速いし、長時間ネットをする人に使っていただきたい一品ですね。

モバイルルーターのことを調べてみますと、しつこいくらいに目に付くのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。よく見ると、30000~40000円の高額なキャッシュバックを用意しているところも見受けられます。
モバイルWiFiにあまりお金を掛けたくないと言うなら、月額料金や端末料金は言うまでもなく、初期費用であるとかポイントバック等々を個々に計算し、その総合計で比較して割安な機種を選択しましょう。
WiMAXを進化させた形で発売されたWiMAX2+は、WiMAXの3倍という速度でモバイル通信が可能だと言われています。更に通信モードを変えることにより、WiMAXとWiMAX2+は勿論、au 4G LTEも使用できるのです。
ポケットWiFiについては、一定期間に使用できる通信量とか電波の種類が異なったりしていますから、使用目的によっておすすめできるモバイルWiFiルーターも違うのが普通だと言えます。
まだWiMAX2+の通信カバーエリアとなっていないというような方も、今の時点で手に入るWiFiルーターならば、従来回線のWiMAXにも接続できることになっていますし、更に言えるのはオプション料金を支払うことにすれば、「au 4G LTE」にも接続できることになります。

WiMAX2+の販売促進キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを行なっているプロバイダーが複数ありますが、キャッシュバック戦略を取っていないプロバイダーも存在しておりますから、注意するようにしましょう。
モバイルWiFiをお安く利用したいと言うなら、当然ですが月額料金を抑えることが大切です。この月額料金設定が低めの機種をチョイスすれば、その先トータルで支払うことになる額も抑えることができますので、何を差し置いてもその部分を意識しなければなりません。
当HPでは、それぞれに相応しいモバイルルーターを選んで頂ける様に、プロバイダー各社の速度だったり月額料金等をチェックして、ランキング形式にてご披露しております。
自分の会社で回線を保有していないプロバイダーは、本元のUQWiMAXから回線設備を貸してもらうためのコストしか負担しなくていいので、UQWiMAXと比較しようとも、その料金は抑えられていると言っても過言じゃありません。
「WiMAXあるいはWiMAX2+を購入したいと考えている」と言う方にアドバイスしたいのは、徹底的にプロバイダーを比較するようにしないと、2~3万円くらいは出費がかさみますよということです。

file00011


WiMAXモバイルルーターに関しましては、機種次第で4x4MIMO方式あるいはCA方式のいずれかの通信技術が使われています。感度が違ってきますので、そこを踏まえた上で、どの機種を選択するのか決めるといいと思います。
一般的なプロバイダーは、本家本元とされるUQWiMAXから通信回線等を貸してもらうときに必要なコスト以外かかりませんから、UQWiMAXと比較したとしても、その料金は安いと断言できます。
プロバイダーにより違いますが、キャッシュバックされる金額は驚くほど高額ではないけど、申請手続きを簡素化しているところもあるのです。そういった所も比較した上で選定することが大事だと思います。
「WiMAXのエリア確認を行なってはみたものの、確実に利用することができるのか?」など、あなた個人が毎日毎日モバイルWiFi機器を使っているエリアが、WiMAXを使用することが可能なエリアなのかエリアじゃないのかと思い悩んでいるのではないですか?
1カ月間のデータ通信量がフリーとなっているWiMAX「ギガ放題」の項目別料金を、各プロバイダーで比較して、お得になる順でランキングにしました。月額料金だけで1つに絞ると失敗します。

WiMAXモバイルルーターにつきましては、持ち運びできるようにという目論見で作られた機器ですので、ポーチなどに十分に入るサイズですが、使用する際は予め充電しておくことを忘れないようにしてください。
WiMAXギガ放題プランについては、ほとんどの場合2年間ごとの更新契約を原則として、月額料金の引き下げやキャッシュバックが敢行されているのです。その部分をしっかり意識して契約していただきたいと思います。
モバイルルーターならみんな3日間で3GBか1カ月間で7GBの速度制限規定があります。ただ無茶苦茶な使い方を控えれば、3日間で3GB分使うことは稀ですから、そこまで危惧する必要はないと思います。
WiMAXはトータルコストを計算してみても、他のルータープランと比較して低料金でモバイル通信を利用することが可能なのです。回線が使えるエリア内におきましては、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台の端末をネットに繋げることができます。
LTEについては、今の3Gを「長期的に進化させたもの」という意味を持つ通信規格であり、何年か先に登場してくるはずの4Gへの移行を無理なく進める為のものです。そういう理由から、「3.9G」と呼ばれることが一般的です。

WiMAXの「ギガ放題プラン」に関しましては、データ通信量が3日で3GBをオーバーしますと速度制限が為されることになりますが、その制限があろうともそこそこ速いので、速度制限におののくことは不要だと言えます。
WiMAX2+のギガ放題プランをチョイスすれば、月々7GBというデータ使用量の制限はなくなりますが、3日間で3GBをオーバーすることになると、速度制限に見舞われてしまうということを覚えておいてください。
ポケットWiFiと言いますのは携帯と全く一緒で、端末自体が基地局と無線にて繋がりますので、手間のかかる配線などに悩まされることがありませんし、フレッツ光あるいはADSLを申し込んだ後に行なわれたインターネット開通工事も行なう必要がないわけです。
動画を見るなど、容量のあるコンテンツをメインに利用するといった人は、WiMAX2+の方がいいでしょう。それぞれのプロバイダーが提供しているプランがありますから、特に選んで後悔しないと言えるものを比較しならご案内します。
WiMAXについては、有名なプロバイダーがこぞって行なっているキャッシュバックキャンペーンが大賑わいですが、ご覧のページでは、WiMAXは本当に通信量に関しては無制限で、お得な料金設定になっているのかについて解説したいと思います。

空とネットのあいだには


WiMAX2+を販売展開しているプロバイダーの毎月毎月の料金(2年契約完了日までのキャッシュバックも考慮したトータルコスト)を比較した結果を、安い方のプロバイダーから順番にランキング形式にて掲載させていただいています。
LTEに勝るとも劣らない高速モバイル通信が望めるWiMAXという通信規格も存在します。ほぼほぼノート型パソコン等々で使用するという人が多く、「時間や場所に関係なく高速WiFi通信を楽しめる!」というのが訴求ポイントだと言えます。
WiMAXは、料金的にも他社のプランと比べて割安な費用でモバイル通信が可能なのです。回線が使えるエリア内におきましては、1台のWiMAXモバイルルーターで何台ものWiFi通信機器をネットに繋げられるのです。
人気を博しているWiMAXを利用したいという人はたくさんいらっしゃることと思いますが、「WiMAXとWiMAX2+では、いったい何がどう違うのかが把握できていない」という人限定で、その相違点をご案内しております。
「モバイルWiFiを買うつもりなんだけど、高速モバイル通信で有名なWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルのモバイルルーターのいずれにしようか思い悩んでいる。」とおっしゃる方に役立つように、双方を比較してご覧に入れましょう。

「速度制限なし」と謳っているのはWiMAXだけというイメージをお持ちかもしれないですが、ワイモバイルにも通信方式の切り替えにより、速度制限が齎されることなく使用することができる「アドバンスモード」という名前のプランがあるのです。
WiMAX2+のギガ放題プランにしたら、1か月間7GBというデータ使用量の縛りはなくなりますが、3日間で3GBをオーバーすることになると、速度制限を受けると考えてください。
モバイルルーターに関しましては携帯と一緒で、端末そのものが基地局と無線にて繋がりますので、繁雑な配線などを行なわなくて済みますし、フレッツ光もしくはADSLを申し込んだ時みたいなインターネット接続工事もしなくて済みます。
モバイルWiFiの毎月毎月の料金は凡そ2000円~5000円となっていますが、プロバイダーの中にはキャッシュバックを売りにしているところが存在します。この返金額をすべてのコストから差し引いたら、実際に費やした経費が分かることになります。
プロバイダーのひとつ「GMOとくとくBB」は、誘惑されるようなキャッシュバックキャンペーンを継続していますが、キャッシュバックされるお金をミスなく送金してもらう為にも、「振込告知メール」が届くようにメール設定しておくことが大切です。

割と知られていないようですが、「モバイルルーター」と申しますのはワイモバイルの登録商標であるわけです。それにもかかわらずWiFiルーターの1つだという理由の為に、実際のところは一般の名詞だと信じている人が少なくないと思われます。
サービス提供エリアを拡充させることや通信技術の更なるレベルアップ等、クリアしなければならない問題は山積されていますが、LTEは満足できるモバイル通信を実現すべく、「長期に亘る変革」を邁進中です。
ワイモバイルのモバイルルーターを本日初めて使ってみたのだけど、今まで有していたほとんど変わることのないサービスを展開している同業他社のものと比べましても、通信品質などは優るとも劣らないと思われました。
オプション扱いにはなりますが、WiMAXのサービスエリア外であっても、高速を謳うLTE通信が利用できる機種も販売されていますから、ズバリ申し上げてこちらの機種があれば、国内なら概ねモバイル通信が可能だと言えます。
「データ通信容量」「速度制限の有無」「月間料金」「サービス可能エリア」という4つの事項で比較検証してみたところ、どなたが選んだとしても後悔することのないモバイルWiFiルーターは、驚くなかれ1機種だけだったのです。

モバイルWiFiの月額料金をあまりにも低くしている会社を調べてみると…。


「WiMAXのサービスエリア確認をやってはみたけれど、その通りに使用できるのか?」など、ご自分が連日ノートパソコンを使用しているゾーンが、WiMAXを使用することが可能なエリアなのか違うのかと悩みを抱えているのではないですか?
モバイルWiFiの月額料金をあまりにも低くしている会社を調べてみると、「初期費用が高いのが大半」です。ですから、初期費用も月額料金の1つだと考えて決断することが必要不可欠です。
ポケットWiFiに関しては、携帯みたいに端末自体が基地局と繋がることになりますから、面倒くさい配線などは不必要ですし、ADSLであったりフレッツ光を契約した時の様なネット接続工事もしなくて済みます。
モバイルWiFiを買いたいなら、毎月の料金やキャッシュバックキャンペーンなどについても、きっちりと理解した状態で1つに絞らないと、その先100パーセント後悔するはずです。
WiMAXモバイルルーターというものは、機種次第で4x4MIMO方式またはCA方式のどっちかの通信技術が盛り込まれていると聞かされました。感度が違うはずですから、そこを心に留めて、どの機種を買うのかを決定すればいいと思います。

ドコモとかYモバイルにてルール化されている速度制限が実施されることになりますと、下り速度が128kbpsに抑えられてしまいますが、この速度になりますと、画像や文章などのコンテンツが多いサイトのトップページを開こうとしても、20秒程度は必要でしょう。
今の段階でセールスされている多くのモバイルルーターの中で、公平な目で見ておすすめできるのはどの機種なのかを、あまり通信関連は得意な方じゃないという方にも分かりやすいように、ランキング形式でご案内します。
WiMAXの月々の料金を、なにしろセーブしたいと希望しているのではないですか?こうした人を対象に、1カ月毎の料金を安く上げるための秘訣をご紹介させていただきます。
LTEというものは、今現在の3Gを「長期的に進化させたもの」という意味で名付けられた通信規格で、何年か先に登場してくる4Gへの変更を無理なく進める為のものです。このため、「3.9G」と称されています。
様々に比較検討してみましたが、一番満足できるモバイルWiFiルーターはWiMAXの他にはありません。他のどのようなルーターと比較しても回線スピードは群を抜いているし、何より料金が一番安いと言えます。

「モバイルWiFiを購入するつもりだけど、無制限&高速モバイル通信として今流行りのWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルが提供するポケットWiFiのどっちがいいか頭を悩ましている。」という人の役に立つように、両者を比較して一覧にしてみました。
WiMAXモバイルルーターについては、持ち運びのことを考慮して作られている機器なので、ズボンのポケットなどに易々しまうことが可能な小型サイズでありますが、使う場合はその前に充電しておくことが必要となります。
WiMAXについては、大元のUQは勿論のこと、MVNOと呼ばれている事業者が販売しております。勿論速度であるとかモバイル通信可能エリアが違っているということはないと明言しますが、料金やサービスには違いがあります。
ワイモバイルブランドのポケットWiFiは、規定されたパケット通信量を越えると速度制限が実施されます。なお速度制限が為されることになる通信量は、使用する端末毎に規定されています。
私が推奨しているプロバイダーは、キャッシュバックを4万円近くに設定しているので、モバイルWiFiの月額料金が比較的高いとしても、「トータルで見るとお得になっている」ということがあると言えるのです。

キャリアを分けた複数持ちだと安心感倍増


大半の方は携帯電話は1台のみの契約だと思います。
通信料を考えればそれが一般的だと思いますが、IT関係の仕事や外出先でパソコンを使う方の場合にはかなり不便だったりします。
例えばスマホの場合、通信容量制限で速度が遅くなってしまうと日常使う分には何とかなっても仕事で困ることになります。そうなることを少しでも避けるためには、スマホ以外にもポケットWiFiなどの通信専用回線を契約しておくのも良いのではないでしょうか。その場合、それぞれの契約を別の会社にすることをお勧めしたいです。

まず通話メインと通信専用に分けることでトータルの通信容量を増やし、使うタイミングもずらすことで万が一制限がかかってもどちらか片方の速度は確保されます。そしてキャリアを別にすることで災害時に繋がる確率を上げることができるのです。
実際、携帯はドコモでポケットWiFiはイーモバイルを利用しており、東日本大震災の時に携帯では接続制限で繋がりにくくポケットWiFiでは気にならなかったということがありました。もし1回線やどちらもドコモだったら、なかなか連絡ができなかったことでしょう。
しかし問題として2回線の契約になるので1回線よりも料金がかかってしまうことになります。
それぞれの回線で料金プランを吟味する必要があるので、あまり詳しくない方や通信量を把握できていない方は注意が必要です。

現在はMVNOの格安SIMもあるので、通信量と環境に安心感を持ちたいと考えている方は「複数持ち」をしてみるのも良いかもしれません。

スマホ・ガラケー・ポケットWiFiそれぞれ良い点・悪い点あります。


まずガラケーについてですが、ガラケーのいい点は、電話だけを使う人にとって、またタブレットと一緒に使うといった人にとってはいいと思います。
悪い点は、調べ物が出来づらい事です。例えば、フェイスブックを開く時に容量が狭くて開く事が出来ないのです。

次にスマホですがスマホの場合、ネット及びサイトを開く時には非常に便利です。
電話も付いているので、非常に便利といえば便利です。
しかし、スマホにも弱点があります。1つは電話を間違えて押してしまう事です。触った事に気がつかず掛かってきた友人から「電話かけた?」と言われる事がよくあるそうです。
そのせい?か最近では、1秒~2秒画面を押さないと画面が変わらない様になっているスマホもあります。

最後にポケットWi-fiですが、実はついこの間までポケットWi-fiを使っていました。
いい点は、何処でも持ち運ぶ事が出来る事、これしかありませんしコレがなければポケットWi-fiではないと思います。
悪い点は、やはりバッテリーの容量が直ぐ無くなってしまう事です。
1日持つか?どうか?の物でしたので、「バッテリーを長く持たせる」これしかないでしょうね。

雨上がりにお店をはしごした


昨日雨が上がったので、娘と自転車でショッピングに出かけました。
最初に古着や古本を扱っているお店に寄ってみると、結構かごに古着を買い込んでいる人が多かったです。

私たちはお目当ての品もなかったので何も買わずに、次にそこから自転車で1分ほどの大型ショッピングセンターに向かいました。
三連休の始めの日だからか各階、人が多くにぎわっていました。

お店がにぎわっているのは経済が発展するので、いいことだと思いながら、食品の専門店に行き、お目当てのオーストラリアの天然塩と無添加プルーン、ひまわり油を買いました。
持って歩くのは重いので、コインロッカーに預けてウインドショッピングをすることにしました。

私は、今財布を買い換えようと思っているので、財布を見て回りましたが、なかなか思うような品がありませんでした。
最後に食品売り場へ行ってみて回りましたが、安さを感じなかったので、帰り道にあるにもう少し小規模のショッピングセンターに寄りました。
そこはオリジナルブランドの商品が安くておいしいのでたまに行きます。特に麺類のレベルが高いので、買って帰りました。

電話の通信費について考える。


電話の通信費(スマホ、光電話を含めて)は昔の加入電話の時代に比べると何倍にもなっています。
FAXやパソコンの費用を加えると相当の金額になります。

別に無駄に使用しているわけではありませんで、現代としては必要不可欠に利用しているわけですが家族全体で合計すると結構な金額です。
便利代と考えれば良いわけですが一度使った便利なものを辞めるのはなかなかできないものです。
一度上がった生活レベルを下げるのは大変な決断と努力が必要なように、パソコンをやめろと言われても決断はつきません。

ガラケーで便利だと思っていたらスマホが出てきました。
便利だから買って使います。

パソコンもADSLで便利だと思っていたら光回線が常識になって来ました。
頭の良い人が次々に考えて便利だけれどもお金もかかるものを売り出します。

スマホも家のネットもポケットWiFiにまとめてしまえば通信費が安く抑えられると聞きました。
今はドコモのスマホを使っていますので、ポケットWiFiもドコモにしようかと思いましたが、実際に使ってみるとどうなのか不安でした。
しかし、ドコモのポケットWiFiのレビューを見て、なかなか設定も簡単で私も使えるような気がしました。

そんな中windowsが7以上の顧客の10へのアップを無料にすると発表しました。
私は7ですので、助かったと思いました。

当分パソコンは購入しなくて良いことになりました。
windowsさんありがとう。いろいろ企業の事情はあるようですがともかく感謝です。
この先何が出てくるのか、出てくれば買いたくなるのが人間です。機能がアップしているからです。